アスリートも実践?ウォーターローディングの効果とは?

今、スポーツ界で注目されているのが、ウォーターローディングです。
ウォーターローディングは、スポーツ界のアスリートも実践している水分補給方法です。
試合前の一定期間において、毎日水を1Lから1.5Lほど飲むことによって、試合中に大量の汗をかいて水分を失ってしまったとしても運動能力が下がることがありません。
ウォーターローディングを実践する際には、内臓に負担をかけないために飲用量を守ることが大切です。
自分の内臓に負担をかけない飲用量としておすすめなのが、1日250mlです。
運動を行うと大量の汗が発生しますが、この際に汗にはミネラル分も含まれています。
運動効果を維持するためには、ナトリウムやカリウムが重要になりますが、その為にミネラルウォーターを摂取するスポーツ選手が大半です。
しかし、ミネラルの含む量が多すぎてしまってもミネラルの一部を体外に排出してしまう結果となってしまうので注意しましょう。
スポーツを行うアスリートや運動を行う方におすすめなのが、ミネラルのバランスがとれたミネラルウォーターを飲むことです。
実際にウォーターローディングを実践する場合には、ミネラルウォーターを選び硬度300ほどの硬水を摂り入れるようにしましょう。
現在、雑誌などでもウォーターローディングが紹介されており、口コミでも大きな話題を集めていますが、マラソンを行うランナーの方には最適な方法です。
しかし、初心者のランナーの方の場合、水を飲み過ぎてしまう傾向にあります。
マラソンを行うと発汗量が1時間に2リットル以上になってしまうこともありますが、このような状態になってしまうと多くのランナーは多くの水分を摂り入れてしまいます。
しかし、体重の軽い女性などの場合、水を飲み過ぎに要注意です。
発汗量と同じ量の水を飲む必要はありません。
初心者ランナーの方の場合、カップ半分以下である100ml位の水分量を給水所で補うだけで十分と言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>