角栓ができてしまう原因と対処方法

kibunagee

毎日きちんと洗顔しているはずなのに、気がつくと鼻や顎の辺りにブツブツと黒いものが、そんな経験がある方も多いのではないでしょうか。これが、俗に言う角栓です。

角栓とは毛穴に古い角質と皮脂が詰まったものです。肌が正常であれば自然に代謝が行われて、やがては取れてしまうものなのですが、上手く代謝が働かないと、段々に毛穴をふさぐほど大きくなって行き、ついにはブツブツとまるでイチゴのような鼻をつくってしまうのです。一体なぜこのようなことが起こるのでしょうか。

一つにはやはり必要以上に皮脂の分泌が多い、ということがあげられます。皮脂は肌を守る大切な役割をはたしていますが、過剰に分泌されてしまうと、毛穴をふさぐ原因になってしまいます。そして、肌が乾燥していたり、ターンオーバーが正常に機能していないような状態になると、古い角質がきちんと代謝されず、いつまでも皮膚に残ってしまうようになります。ファンデーションなど化粧品の汚れがきちんと落ちずに肌に残ることも、角栓を作る要因になってしまいます。

では、どのような対策を行ったらいいのでしょうか。
皮脂と古い角質が角栓の正体ということで、やたら肌をゴシゴシとクレンジングしたり、洗顔したりする方がいるのですが、これは逆効果になりますので、絶対にやめてください。むしろ肌を刺激して、皮脂の分泌を促してしまいます。お風呂に入るなどして、毛穴を開かせたうえで、こすらずに汚れを落とせる洗顔フォームなどを使って、優しく洗いましょう。そして、保湿は十分に行うようにしてください。肌が乾燥すると皮脂の分泌が促されるので、また角栓の原因になってしまいます。
また、脂分の多い食事はなるべく控え、バランスの良い食事を心がけてください。肌のターンオーバーを整えるよう、睡眠時間をしっかりと取り、規則正しい生活を送るようにしましょう。

角栓を無理に取ろうとすると、よけいに肌を傷め、返って角栓のできやすい環境を作ってしまいます。これまで述べてきたような方法で、ゆっくりと少しずつ、改善して行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>